家庭教師の世界

a3hpphq8.exblog.jp
ブログトップ

<三原じゅん子さん>当選すれば女優業引退も 会見で決意(毎日新聞)

 今夏の参院選比例代表に自民党から立候補予定の三原じゅん子氏が17日、党本部で記者会見し、「二足のわらじを履けるほど国会議員の仕事を甘くは考えていない」と述べ、当選した場合は女優業を引退する決意を明らかにした。民主党が擁立する女子柔道の谷亮子氏が「現役続行」を宣言したことへの批判とみられ、前哨戦がすでに始まっている。

 三原氏は子宮頸(けい)がんを患った経験を踏まえ、政治家として医療・介護問題に取り組みたいという。「後見役」として同席した野田聖子前消費者行政担当相も「三原さんが自ら(立候補を)名乗り出た」と紹介し、いわゆるタレント候補ではないと強調した。

【関連ニュース】
自民党:参院選比例代表に三原じゅん子さん擁立
ファイル:内政・外交・安保 自民、参院選比例代表に三原じゅん子氏を擁立

大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)
離婚式 「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)
安全保障より体面、迷走の果てほぼ現行案(読売新聞)
校舎屋上から煙、見れば中2がバーベキュー(読売新聞)
補助人工心臓2つ装着に成功 阪大、自宅で移植待機、外出可(産経新聞)
[PR]
by k8cd4ajrdq | 2010-05-20 15:28