家庭教師の世界

a3hpphq8.exblog.jp
ブログトップ

大物俳優の息子フジテレビへコネ入社

今春、フジテレビへコネ入社したといわれる大物俳優の息子が“コネ史上最大クレジットカード現金化 違法の問題児”だと、14日発売の「週刊文春」が報じている。

同誌によると、その息子とは俳優・陣内孝則(52)の長男だという。いったいどんな問題が・・・?

(以下引用)
小学校から大学までアイスホッケーを続け、高校時代はインターハイにも出場したということだが、ツイッターでは局での研修や人事のやりとりなども書いてしまい、どんなときも「僕はあの陣内の息子です」というアピール現金化 仕組みは忘れないそうだ。

そんなことなどもあり、上層部には苦々しく思っている人間も多いという。

もともとフジテレビは高橋英樹の娘・真麻(29)や、今年この長男の同期となる生田斗真の弟・竜聖(26)などコネ入社ブラックok 融資が多いとささやかれるが、陣内長男の場合、80年代のトレンディドラマの常連だった父親の力がとくに大きいのだとか。

お台場のフジテレビ社屋を建てるのに貢献した功労者・陣内孝則の息子クレジットカード現金化 詐欺をやはり無視できないという事情があるようだ。

とはいえ、こんなトホホな新人クレジットカード現金化 店舗を抱え込まなければならないとは、不運としか言いようがない?詳しくは「週刊文春」で。
(引用元:芸能!裏チャンネル)

陣内といえば、1980年代後半にフジテレビ系の月9ドラマ「君の瞳をタイホする!」(1988年、平均視聴率17.4%)や、「愛しあってるかい!」(1989年、平均視聴率22.6%)で主演を務めるなど、トレンディ俳優として一世を風靡した。

その陣内の長男が今春、フジテレビに入社したという。早速ツイッターで問題を起こしてしまったようだが、“コネ史上最大の問題児”というからには相当な厄介者なのかも・・・!?

ちなみに今年のフジテレビの新人では、生田斗真(26)の弟・竜聖がアナウンサーとして入社し話題になっている

同じくコネ入社とされる俳優・高橋英樹(67)の娘・真麻アナ(29)はバラエティー番組などで父娘共演を果たしているが、陣内親子にもそういった機会が訪れるのか気になるところ。
[PR]
# by k8cd4ajrdq | 2011-04-19 14:57

【社説検証】菅内閣発足 国家戦略を求めた産・読 小沢氏の責任追及に濃淡(産経新聞)

 菅直人内閣が8日に発足した。「きょう発足」として8日付で掲載した毎日を除き、5紙は9日付社説でこれを論じた。

 各紙とも既に「鳩山首相退陣」を受けた3日付の社説で、「鳩山政権の失政」を多角的に分析していた。そこで今回はどの社説も、その「失政」を教訓とすべく新内閣に注文をつけるような格好となっていた。

 例えば3日付で「内政、外交両面での場当たり的な政策と迷走は国益を損ない続けた」と鳩山政治を総括した産経は今回、「首相は日本丸の舵(かじ)取りを誤りなく行うため大きな国家戦略を描き、国民に提示することを最優先すべき」だと訴えた。

 読売も「これだけ言行不一致を重ねれば、国民が首相の言葉を信じなくなるのは当たり前だろう」(3日付)と書いたのを受け、「説明だけでは、菅首相がどういう日本を目指し、そのためにどんな具体策を講じるのかは明確でない」とし、産経同様に「骨太の国家戦略を明示」するよう促した。

 「『古い政治』の体質や小沢氏依存の党運営を、首相が放任し傍観しているだけだった」(3日付)と断じた朝日は、菅政権に新しい「『選択と説得』の政治」を求めたが、論述はどちらかといえば観念論に流れすぎたきらいがあった。

 個々の問題のうち、まず「普天間飛行場移設」については、「意思決定の迷走を繰り返さないことが、新政権の出発点」(日経)、「基地負担軽減の早道は名護市辺野古に代替施設を建設する日米合意である」(読売)といった論調のなかで、東京のみが「国外・県外移設を追求すべきだ」と書いた。

 もっとも東京は3日付でも「なぜオバマ米大統領に国外・県外移設を直談判しなかったのか」「(福島瑞穂社民党党首を)『県内移設反対』を理由に閣僚罷免するのは筋違い」と書いていたから、今さら東京の「日米合意破棄」論に驚くには当たらないかもしれない。

 消費税問題では、朝日が「(マニフェストへの)書きぶりを全国民が注視するはず」との見方を示し、読売は「消費税率引き上げなど税制改革について、自民党との本格的な協議を目指す」よう促した。

 産経は「消費税を中心とした増税の時期、規模の明示」を求めた。自民党が「10%」と明確に示す方針が伝えられていることを考えれば、菅首相も時期や規模を明示することが、最低限の責任なのではなかろうか。

 鳩山政権崩壊の要因ともなった小沢氏の「政治とカネ」の問題では、毎日が「小沢氏は最低でも政治倫理審査会で自らの問題について釈明すべきだ」、読売が「小沢氏は、少なくとも衆院政治倫理審査会に出席し、自らの疑惑について説明する責任がある」と追及した。

 疑惑解明を求めたのは産経だ。「小沢氏の証人喚問などが実現できなければ、クリーンな政治も口先だけとみなされよう」と、偽証すれば罪に問われる証人喚問への出席を求めた。菅政権が「小沢氏問題」に消極的な姿勢を見せているだけに、厳しい追及は欠かせまい。

 産経はまた、「民主党の主要な支持団体は労働組合であり、選挙で支援を求める関係は続く」「特定団体との癒着をなくし、公正な政治を進めていくことができるのか」と、“表紙”が変わってもなお「変わらぬ民主党の体質」を取り上げた。新内閣発足ということで、社説はどうしても「どう変わるか」を視座に論じられがちだが、「変わらぬ」ものに目を向けることもやはり必要だろう。(清湖口敏)

                   ◇

 ■菅内閣発足をうけた各社の社説

 産経

 ・まず国家の基軸を示せ

 朝日

 ・「選択と説得」の政治を

 毎日

 ・「脱小沢」で新しい政治を

 読売

 ・国家戦略を明確に示す時だ

 日経

 ・菅内閣はまず政治の信頼回復に全力を

 東京

 ・転換期に挑む覚悟で

 *毎日は8日付。他はすべて9日付

北海道で震度3(時事通信)
<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
<テニスシューズ>自主回収、靴底はがれ転倒の可能性(毎日新聞)
iPad向け、本の「格安」電子化業者が出現(読売新聞)
淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)
[PR]
# by k8cd4ajrdq | 2010-06-18 10:48

<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)

 日本列島は21日、大陸から張り出した高気圧に覆われ、東京・大手町で最高気温が30.9度まで上がって今年初の真夏日を記録するなど、関東、東海地方を中心に全国102地点で最高気温30度以上の真夏日となった。

 気象庁によると、全国で最も高かったのは群馬県館林市の33.4度。このほか、三重県桑名市32.8度▽埼玉県熊谷市32.6度▽岐阜県多治見市32.3度▽栃木県佐野市32.1度−−などだった。

 22日以降は西日本から天気が崩れ、暑さは収まる見込み。気象庁は西日本で23〜24日にかけ、雷を伴った激しい雨が降るおそれがあるとして注意を呼びかけている。【飯田和樹】

【関連ニュース】
日照時間:4月の観測史上最少に 仙台など9地点
真夏日:各地で記録、広島・加計では30.7度
こいのぼり:全長100メートル 埼玉・加須
3カ月予報:5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め
夏日:今シーズン初 東京・大手町で25.5度

<光ケーブルカルテル>5社に排除命令、課徴金161億円(毎日新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ(産経新聞)
[PR]
# by k8cd4ajrdq | 2010-05-28 22:33

<三原じゅん子さん>当選すれば女優業引退も 会見で決意(毎日新聞)

 今夏の参院選比例代表に自民党から立候補予定の三原じゅん子氏が17日、党本部で記者会見し、「二足のわらじを履けるほど国会議員の仕事を甘くは考えていない」と述べ、当選した場合は女優業を引退する決意を明らかにした。民主党が擁立する女子柔道の谷亮子氏が「現役続行」を宣言したことへの批判とみられ、前哨戦がすでに始まっている。

 三原氏は子宮頸(けい)がんを患った経験を踏まえ、政治家として医療・介護問題に取り組みたいという。「後見役」として同席した野田聖子前消費者行政担当相も「三原さんが自ら(立候補を)名乗り出た」と紹介し、いわゆるタレント候補ではないと強調した。

【関連ニュース】
自民党:参院選比例代表に三原じゅん子さん擁立
ファイル:内政・外交・安保 自民、参院選比例代表に三原じゅん子氏を擁立

大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)
離婚式 「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)
安全保障より体面、迷走の果てほぼ現行案(読売新聞)
校舎屋上から煙、見れば中2がバーベキュー(読売新聞)
補助人工心臓2つ装着に成功 阪大、自宅で移植待機、外出可(産経新聞)
[PR]
# by k8cd4ajrdq | 2010-05-20 15:28

「常勤医いない…」テレビで窮状知り、免許ないのに手助け志願(産経新聞)

 医師不足に悩む岩手県宮古市の県立宮古病院で、10日着任する予定だった男女2人が、医師免許を持っていなかったことが判明。県警宮古署は8日夜、自称・大阪市在住の無職、一宮輝美容疑者(44)を医師法違反の疑いで逮捕し、男(38)からも事情を聴いている。一宮容疑者は容疑を認めているという。

 宮古署や病院関係者によると、一宮容疑者は平成20年11月、テレビ番組で循環器医がいない病院の実情を知り、勤務を名乗り出た。「大阪大医学部出身で大阪市内の赤十字病院の救急専門医だ。手助けしたい」とうそをついていたという。

 宮古病院や県医療局によると、面接などを経て2人の採用を決めたが、2人は免許提示を求めても、「職場に置いてある」などと出し渋っていたという。また「もめるから大学に照会するな」「患者とトラブルがあり勤務先は自分の氏名を公表しない」とうそを繰り返し、発覚を逃れていた。

 病院に免許のコピーが届いたのは今月6日。ところが、登録当時の厚生相の公印がなく、医政局長の氏名も別人だった。通報を受けた宮古署は、2人が“着任”のため市内のホテルに投宿した8日、事情聴取を行った。

 菅野千治院長は「詰めが甘かった。住民の高い期待を裏切る結果となり申し訳ない」と話している。

 宮古病院は約3年前から循環器の常勤医がおらず、心臓疾患の救急患者は、約2時間かけて盛岡市に搬送されている。

【関連記事】
外科医がいなくなる? 過酷な勤務状況で若手の外科離れが進行
来たれ研修医…商店会が支度金出します! 兵庫の市立病院
診療報酬 勤務医改善に重点配分を
医師確保のため大学院の学費を助成へ 奈良・吉野町
「医療崩壊の象徴」産婦人科に希望の光
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)
線路から16メートル下の地面に飛び降り 東京駅で男性死亡、JR東海社員か(産経新聞)
風俗の女性に勧められ…エリート教頭がハマった「背徳の世界」(産経新聞)
<架空発注詐欺>容疑で全日空子会社元社員を逮捕(毎日新聞)
[PR]
# by k8cd4ajrdq | 2010-05-13 03:22